#09 幽邃

出品作家:海保竜平


会期:2019年11月23日(土) - 12月1日(日) / 14:00-19:00
オープニング:10月19日(土) 17:00-

幽邃 

(読み) ユウスイ

[名・形動] 景色などが奥深く静かなこと。また、そのさま。

かつては天に向かって葉を広げ

水を吸い、呼吸をしていた荒ぶる緑たち。

役割を終えたかのように根を土から離し

徐々に自らの生命を絶ちながら横たわる木々。

新たなる生命を紡ぐため、倒れた木々は時間をかけて

ゆっくりと流れる養分の川となり

やがて土の中へと染み溶けていく。

いつのころからか定かではないが

漲る力とともに雄々しくそびえ立つ木々よりも

無言で横たわる木々に惹かれていった。

朽ち果てていく姿は退廃と停止にも見えるが

土へと還る光景は静謐で華美な時間として

目前に存在しているのだ。

海保竜平  Ryuhei Kaiho

​京都市生まれ。1970年代後半をナイジェリアのラゴスにて過ごす。多摩芸術学園(現多摩美術大学)写真学科卒業後、イギリスに渡り帰国後フリーランスのフォトグラファーに。ポートレートや商品撮影など様々な撮影を手がける。

Room A / Photo by Ryuhei Kaiho

Room A / Photo by Ryuhei Kaiho

Room B / Photo by Ryuhei Kaiho

Room C / Photo by Ryuhei Kaiho

Copyright © 2020 Jun Azumatei. All Right Reserved.